Made Again 16 (フロルティン市 慈母の微笑みと涙の渦病院)

 スピーカーから流れる美しいスキャットがノイズで遮られた。

「ちょっと、勝手にいじっちゃだめでしょ。」
巡回に来た若い看護婦が老人のベット脇においてあるラジオのスイッチを切ったので、ペアの主任看護婦がたしなめた。
「いいのいいの、意識のない寝たきり老人なんかにラジオ聞かせても仕方ないんだから。
どうせお迎えがそこまできてるんだし、何よりうるさいんだよね。誰がラジオつけたのかしたら?」
悪びれるそぶりも見せず、ショートカットの活発そうな若い看護婦は検温をしながら言った。
「キャシー、いい加減にしなさい。この人の唯一の楽しみなんだから。ごめんね、おじいちゃん、ちゃんとラジオをつけておきますからね。」
主任看護婦がラジオをつけ、イージーリスニングのチャンネルにあわせた。
「まあ、ケイト主任ったら。いい子ちゃんぶっちゃってさ。」
キャシーは頬を膨らませて悪態をついた。
「でもさー、私、まだこの人を担当して一週間だけど、一度もお見舞いに来た人見たことないよ。だれかお見舞いにきた人って見たことある?」
「この人に身内はいないみたいよ。十代でこの病院の清掃係りの仕事について60年。ずっとここで働いていたそうよ。」
ケイトは特に感情を込めずに言った。
「うげ!60年もこんなところで働くなんて!私なんてここに移動してきてから3ヶ月でギブアップ寸前。」
キャシーはぐったり肩を落として手持ちのボードに検温記録を記入している。
「たぶんこの病院で一番長く働いていたんでしょうけど、誰も彼のことはよく知らないの。ここで働いて、2ブロック先の自宅アパートに帰って、またここで働いて、を延々繰り返していたそうで、誰とも何の関係を持たずにいたんだって。それで半年前に仕事中に脳梗塞で倒れたんだけどなんとか一命は取り留めたわ。でもそれから意識不明のまま。親族は誰もいないから、院長が長年働いてくれた恩返しだから面倒見るっていったんだって。なのでこのお部屋でXdayが来るまで就寝中っと。」
ケイトは喋りながら淡々と機器のチェックを済ませていった。
「へ〜、まさに天涯孤独の身って奴ですが。なーにが楽しくて一人だったんでしょうね。私なんて一人じゃ耐えられないわ。この仕事の重圧に立ち向かえるほど強くないもの。ああ、ゾンビも轢き殺してしまうような馬鹿でかいGMCのピックアップトラックに乗って、颯爽と私を助けに来てくれるカウボーイはどこにいるのかしら?」
くるりと一回転、スカートをひらりとなびかせ天を仰いで見せるキャシー。
「あんたの趣味はよくわからんわ。それよりさ、西区で起こった人身売買&レイプ事件の被害者が一名、この病院に入院したらしいわよ。」
「まじで!どんな女なの?ギッタンギッタンにされてた?」
キャシーが興奮気味に聞いてきた。
「どうゆう意味?ギッタンギッタンって。まあ、いいわ、受付した同期の看護婦が警官から聞いたんだけど、なんでもその女、ビリヤード台に縛られて何時間も何人にも輪姦されたそうよ。きっとアソコはがばがばになっちゃってるよね。
身体の傷はそれほどでもないそうだけど、あまりのショックとクスリの打ち過ぎでちょっと頭がいかれちゃったみたいで、この病院のサナトリムで治療中ですって。犯人グループは知ってのとおり極左テロ組織「紅の旅団」。あんた、気をつけなさいよ。」
ケイトはキャシーをジロリと見つめて注意した。
「なんだ、ただのジャンキーじゃん。まあ、あの治安の悪い区域で夜中に遊び歩いてんだから自業自得よね。まともな女なら、ボンバーズって店だっけ?最低な名前。あんなチンピラばっかり集まるとこにいくわけないじゃない。どうせ立ちんぼのビッチだったんじゃない?」」
「ところがどっこい、入院した女は大学までのエスカレーター式学校「光の羽根と知恵の泉」の教師だったそうよ。」
「まじっすか!あの学校って政界や経済界の著名人の母校で有名なとこでしょ。めちゃエリートじゃん。しかもこの病院といっしょの「神の光と心の扉」関連施設だし。いい給料貰ってんのに何やってんだか。ハゲ親父から搾取するスリルで我慢しとけばいいものを。」
キャシーは言葉とは裏腹にちょっと羨ましいという表情を作った。
ケイトは呆れた表情でため息をつく。
「あんた、ハゲ親父とエンコーでもしてんの?」
「え!してないしてない!とりあえず髪はあったほうがいい!」
「だからどういう意味?まあ、いいわ。でね、さっきその事件のことで警官が病院のロビーに来ていたんだけど、その彼がさ、ガエル・ガルシア・ベルナルみたいなイケメンだったのよ!」
「え〜、あの俳優、ナヨナヨ男じゃん。私だったらウディ・ハレルソンみたいな渋めの中年がいいな・・・。」

隣の部屋の検温に向かった看護士たちの声が小さくなって部屋には静寂がもどり、老人に繋がれた人工呼吸器の音と、眠気しか起こさせない音楽が流れていた。
意識不明の老人は、白い4面の壁に包まれた小さな部屋の窓際にぽつんと置かれたベッドに横たわっていた。
しばらくすると突然ラジオのチャンネルが変わり、女性のスキャットが聞こえてきた。
老人は何かの夢を見ているのか、時折まぶたが激しく痙攣しているように動き、聞き取れないほど小さなうめき声を何度も揚げていた。

「何かを・・・受信・・・」

16.jpg

続く
2016-08-11 : Made Again : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
あれ、このおじいちゃんはもしかしてスティーブ……?(の主体になっている人……?)
4話のイラストの謎も本格的に解けてきた気がします。
今までのお話の流れが、どちらかというこ空想的でほんわかとした展開
だったので、現実世界での15、16話がピリリと効いていて
目が離せないです!
スティーブが再構築されて人間味が増した理由とか、
もしこのおじいちゃんと関連性があるのなら納得……です!
マリーとスティーブの無意識が病院内で
絡み合いリンクして夢のような世界を形作ってる……?
2016-08-13 14:53 : canaria URL : 編集
canaria さん
コメントありがとうございます^^

14話までは空想的な話でしたが(実は1話の最初と、途中から14話までなのですが)15話〜から現実世界の展開、といいつつ空想的ではありますがそれは空想ではなくて、「それも現実」の世界。
鋭い考察のcanariaさんのおっしゃるとおり、二人の無意識下で起こっている不思議な世界ですが、決して二人だけのものでなく「もう一つの世界」での出来事が同時に進んでいるんですね。

さて、もう一つの世界とはなんなんでしょう?と、これから、どんどん今までの「何のこっちゃ?」というところの謎をこれから書いていきますので、どうぞおつきあいくださいm(_ _)m
2016-08-14 22:53 : 泉 坂 URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

泉 坂

Author:泉 坂
イラスト描いてます。
靴も作ってます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる