Made Again 09 (Don't Look Back - Turn Left)

 地平線から黄金の光が差し込み、辺りの闇を切り裂きながらにっこり微笑んだ太陽は貫禄たっぷりに徐々に姿を見せ始めた。
この地は朝を迎える。

巨大な塔の回廊にも柔らかい光が差し込み、床に倒れている彼女の体を照らして温め、彼女の意識を覚醒させていく。
彼女は目を開かずにしばらくそのままでいた。

(少し前に同じように床に寝転がっていたような気がするわ。…いえ、ずっとずっと昔に感じる。)

床に接した頬は冷たいままだった。

(暖かいわ、とっても。でも、何か変だわ。)

彼女は閉じていた目を更にぎゅっと瞑って考えた。

(おかしいわ、何も思い出せない。自分のことが何も思い出せない。どこかに居たような記憶はある。なにかがあった記憶はある。でも明確なことが何も思い出せない。)

ごつんと床に頭を打ちつけて自分の記憶を辿っていこうとする。

(ダメだわ。自分の名前もわからない。さっき目が覚めた所から前の記憶がない。なぜここで倒れているのかも…ここで?)

目を見開いて勢いよく体を起こした。
きょろきょろと辺りを見回してみる
古びた回廊の真ん中で彼女は倒れていた。
あたりにはいくつかの仮面や砕かれたタイプライター、無数の金属片が散らばっていた。
回廊の先は奥まで見えないほどに続いているように見えた。
彼女はため息をついて大きく開かれた開口部からぼんやりと流れる雲を見つめた。

「ここがどこだかわからない、私が誰だかわからない…か。」

ぼそりと呟く。
しかし彼女には不安や恐怖といった感情は湧いてこなかった。
ただ、自分の変化や周りの状況をすんなり飲み込んでいた。

「やあ、やっと起きたね。」

突然後ろから人の声が聞こえた。
一瞬、体が危険だと反応したが彼女の意思はそれを無視してすんなりと振り返った。
そこには…

何かがいた。

Made_Again_Act_09.jpg

続く
2014-12-19 : Made Again : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

こんにちは
泉 坂さん、改めまして初めましてこんにちは!
canaria(再)です^^
先日はコメントありがとうございました。

たくさん水彩描かれていらっしゃってて、美しさにうっとりでした……!
何だろう、更に進化していらっしゃるというか、上手く言えないんですけれど、静謐で硬質な世界観はそのままに、密度が(目に見えない形で)高くなっていらっしゃるというか……、あと、色遣いに、朱色がある絵とか眩しくて「おっ」となってました。

またこっそりこそこそ遊びに伺わせて頂きます^^
小説も読ませて頂きますね。
これからもまたよろしくお願い致しますです(o^ ^o) /

あっ、それから、あれからまたお返事書かせて頂いておりますので、お手すきの時にでも覗きにいらしてやって下さると嬉しいです(笑)

それでは、また^^
2014-12-20 14:27 : canaria URL : 編集
canaria さん
こめんとありがとうございます^^

いまでも自分が何を描きたいのかわからず悩みながら無作為に描いております。

まあ、以外と悩みは感受性を豊かにしてくれる(?)と思ってますからいいんですが。

またこっそりお伺いしたします^^
2014-12-22 23:19 : 泉 坂 URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

泉 坂

Author:泉 坂
イラスト描いてます。
靴も作ってます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる