Made Again 03 (architecture,Spiral Architect)

10ヶ月ぶりの続き、諸事情により三人称に変更。
お時間ある方は読み返してみて下さい。

Made Again 01 (Fairies Wears Boots)

Made Again 02 (Runaway)

--------------------------------------------------------------------------------------------
 彼女は懸命に駆けながら前方の異様な建造物を眺めた。
その大きさは10階建てのビルくらいはあるであろうかなりの大きさだ。
他には何も目につくものはないのでとにかくそこに向かうしかない。

洞穴から飛び出して転倒した際に打ち付けた膝がずきずき痛んだが、どこかに隠れなければならなかった。
振り向いてあの煙が追って来ているのを確認する暇も惜しい。
近づくにつれその建物ははっきりと人の形をしていた。
それを人とするならば、その瞳はうつろで私の後方を力なく見つめている。

よく見ると階段状になっている部分の上段、胸(のように見える)の中央に入り口らしいものが見えている。
とにかくあそこまで辿りつければ一時的に身を隠せるだろう。
そして息を整えてこの理不尽な状況を再度確認する必要がある、彼女はまだ夢であって欲しいとの希望を捨ててはいなかった。

階段を駆け上がると、胸の空洞はその大きさ、形からしてこの建物の入り口だとはっきりわかった。
入り口の奥は暗く、先ほどまでいた洞穴を思わせたが選択肢は他にない。
入り口に飛び込んですぐにそばの壁に張り付き、呼吸をを整えようと肩で呼吸をする。
かなり暗いが漆黒の闇ではなかったのは幸いだ。
そっと片目で外を見ると、あの煙は洞穴とこの建物との中間の距離にいた。
これから身を隠すには十分のアドバンテージだ。

少し呼吸が楽になったところで目が暗さに慣れてきた。
壁も床もタイル張りされた通路になっており明らかに人の手が加えられたものだ。
通路の奥に微かな光が見えた。
身を隠すための場所を探すために建物の奥に進む。
50メートルほど歩いたところに少し開いた扉がありそこから光が漏れていた。

一度後ろを振り返ってあの煙が追いついていないことを確認してからゆっくり扉を押し開けた。

そこには幾つかのテーブルと椅子が無造作に配置されならんでおり、カウンターの上と奥の壁には名前もよくわからないボトルがたくさん並んでいる。
中央のスペースにはこの部屋の主人とばかりにビリヤード台がどんと鎮座していた。
外観からはとても似つかわしくない。
ゆっくりと室内に入り辺りを見回してみると、どこかで見覚えがある気がしてきた。

「どうなってるのよ、ここは…パブだわ、でもなんでこんな所に…。しかしどこかで見たことがあるわ。」

異様な世界とは違う、幾分見知ったことのある光景に少し安堵したがまだ安心できる状況ではない。

「一度来たことがあるわ。繁華街の裏手にあるあまり”よろしくない連中”が集まるパブ「スパイラル」だわ。ハイスクール時代に悪ぶってたアリソンと興味本位で入ったことがある。でも変な連中にナンパされて怖くなってすぐに逃げ出したんだっけ。最悪な思い出。ついでに店の名前も最低。」

しかめっ面をして吐き捨てる。

「そう?あなたにはお似合いなのに。」

麗しい彼女の声は何度聞いてもゾッとする。
振り返ると、室内に入ったあの煙がゆっくりと扉を閉めているところだった。

Made_Again_Act03.jpg

続く
2014-08-29 : Made Again : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

泉 坂

Author:泉 坂
イラスト描いてます。
靴も作ってます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる