泉 坂の小言

誰だって不平不満はあります。

それで人を非難することだってあるでしょう。

感情が高ぶれば言い過ぎることだってあります。

その一時、ストレスの発散になるならいくらでも聞きましょう、どんとこい泉 坂。

でも日常で行われる他人を見下しての悪口や陰口、冗談と称して人を小馬鹿にする発言。

身体的特徴が健常者といわれる者と違うからといって何がおかしい?

その人が懸命に努力したことが多勢に受け入れられないからといってなぜ馬鹿にする?

一部分が気に入らないからといって全てを否定する必要があるのか?

いつもいつも耳をふさぎたくなるようなことばかり。

そんなことを聞くのはもううんざりです。

そんなことは止めようよ。

ただ過剰に自尊心を満足させようとしているだけです。

誰も賛同しません、みんなが笑っていてもそんな連中は氷薄を踏むような人間関係です。

どんなに自然界が晴天でも人間界は曇り空です。

突き抜ける晴天のような気持ちをもって大切な時間を過ごしたいと思っているのですが、自分の周りの人間とはそんな時間は過ごせないだろうとあきらめている泉 坂です。
2013-09-10 : 未分類 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-09-15 16:17 : : 編集
Re: No title
コメントありがとうございます^^

小さいころからの教育は大切なのは当然ですが、どれを選択するかは自分次第です。

時代は違っても、この日本では人を蔑む行為は愚かなことであることだと多くの人が認識しているはずです。

にもかかわらずその愚かな行為を選択する人が多く見られます(私の周りだけかもしれませんが)

本能…そういってしまうのは少し強引すぎる気がしますが、仲間外れにされたくない、共通の敵を作って仲間意識をためるという「群れ」の本能に近いのかもしれません。

愚かな行為を本能という大義名分で公認されないことを切に願っています。
2013-09-16 00:31 : 泉 坂 URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

泉 坂

Author:泉 坂
イラスト描いてます。
靴も作ってます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる