無題短編小説A あとがきと解説

A05.jpg

再び、最後までお読みいただいた方々、大変ありがとうございました。
去年の末からやってみたいなあと考えだして、1月中旬より計画して未熟ななりにも完成させてみようと力を注いだ結果、この始末です(笑

さも違う世界と思わせつつ、実は単なる高校生のお話。
誰しもが日常で頻繁に起こりうる小さな「失望と希望」ということを題材にしてみようと考えておりました。
父親の失踪は日常ではありませんが、主人公の失望感がいまいち出せなかったので無理矢理ねじ込みました(汗

不平不満や失望が重なると自暴自棄になっちゃいます。
殻に閉じこもっちゃう事もあるでしょう。
「どうせ私は一人なんだっ」とイジイジしちゃうかもしれません。
でも必ず友人や恋人、家族や恩師など心配してくれる人、気にかけて助けようとしてくれる人はいるのです。
そういう人がいることに気づき、感謝しましょう!と、おおざっぱに言うとそんな話です。
「私は天涯孤独の身だからそんなやついねーよっ!」っておっしゃる方は明日から人にやさしくなりましょう、私も一緒です(笑

しかし創作するというのはとても大変なんですね。
ストーリーを考えてとのシーンをどんな風に見せてイラスト描くか、なんて思った異常にエネルギーを消費しました(苦)
大変でも、これを気にもっと楽しめればと思います。
次回も何か書き描きしたいと思いますので、よろしければ見てやってください。

下記からは解説になります。
長文になっちゃったのでお時間あるときにでもお読み頂ければと思います。


------解説------

心理学者ユングの「集合的無意識」を独自解釈してみました。

現実世界は正常に生活している人間の、ユングのとく集合的無意識内で交錯した人間模様です。
シディームでの世界は集合的無意識内なので本人たちには自覚はありません。
現実世界での一瞬が、無意識内では長時間となったりします。

 父親が失踪したことで失望し、悲観的な負のスパイラルに陥ってしまった主人公「サトル」のお話です。
普通の高校生であるサトルは上記のように失望し、自分の殻に閉じこもってしまいます。
そして堕ちるようにその精神は「シディーム」という都市に迷い込みます。

 この「シディーム」はいつからあるのかわからない(きっと初めて人間が失望を感じたときから)集合的無意識内で作られた都市です。
何かしらに失望し、殻に閉じこもってしまった人が堕ちてしまう世界です。
そこは自分の殻に閉じこもっていれば誰も何も干渉してきこず、何もしなくてよいので何かに失望することもない、しかし何も生み出されない、グレーな世界でただ生きているだけ=死を待つだけ=自殺行為で、住んでいる人も街も緩やかな死=緩慢な退廃が進んでいるという設定です。

 しかし作中、市場ではさまざまな人々が他の人に干渉しようとしています。
そういう人は現実世界で更なる不満や失望を受けて精神を圧迫し、殻に閉じこもるためのシディーム内で攻撃的になっていきます。
その場合、干渉しやすい場所=人や物が多く集まる場所のネデ広場の市場でお互い干渉しあって現実世界のみならず無意識内でも失望を繰りかえし、いずれ絶望という集合的無意識内の違う世界に堕ちていくのです。

 もちろん絶望に堕ちるだけでなく主人公のように希望を見つけてシディーム内から脱出する人もいます。
失踪したあいつも希望に満ちた笑顔を浮かべることができたのは、市場で何かしらの生きる希望を見つけたからシディーム内から脱出した一人でしょう。

 市場で現れる少女は、Ⅳで出てくる竹内です。
彼女はサトルと同学年で同じ書道部の部長も勤める友人です。
以前から密かにサトルに恋心をいだいている竹内は、父親失踪により傷ついて殻に閉じこもってしまったサトルをなんとか励まそうと奮闘しますが、サトルは全く異に介しません。
のれんに腕押し状態が続きますが、竹内はなんとしてもサトルを元気づけたいと強く想います。
その想いは集合的無意識内に無数に存在する世界からシディームを、人口数億ともいわれる人の山からサトルを見つけます。
すでに彼女の心は恋心でなく愛に変わっていたからそんなとんでもないことが可能だったのです。

 殻に閉じこもったサトルは父親失踪の痛みから逃れる為現実世界の記憶はありません。
痛みの記憶を蘇らせたくないので、都合の悪い言葉は自分からノイズで消してしまいます。
しかし竹内の悲痛な声がサトルを正気に戻らせシディーム内から脱出させるのです。

 無意識内で起こったことなので、二人はその記憶がありません。しかしシディーム内から脱出したサトルの心は今までのように悲観的な考えは無く、母親や失踪した父親に対しても気にかけるようになっています。

 Ⅳの途中から竹内との出会いは、Ⅱの市場に入ってから少女に会うまでと同じようなシチュエーションにしてデジャブにしようとした結果、いまいちリンクできなかったです(笑)
し、しかしそれがサトルに一瞬の記憶を蘇らせるきっかけになって竹内がシディーム内で助けに来てくれたことを理解します。
記憶はすぐになくなってしまいますが、それでも感謝の気持ちだけは残ったのですね。
そして今まで励まし続けてくれた彼女の行動と爛々と輝く瞳と桃色の頬から竹内の気持ち、今自分が彼女に対して持っている気持ちを悟るわけです。

「君を見つけた」の君は=希望です。
失望したサトルは前を向いて歩く希望を見つけたのです。
彼女の愛がそうさせたのです。
彼女の漆黒の瞳の奥に愛が宿っているのです。

 これは愛の物語なのです(笑)

 ちなみに「シディーム」とは旧約聖書の神に滅ばされたソドムとゴモラが沈んだといわれる死海がある「シディムの谷」からとっています。
ネデ広場はEden(エデン)を逆から読んだもの(Nede)です。
 
にほんブログ村 イラストブログへ
2013-02-15 : 無題短編小説 : コメント : 6 : トラックバック : 0
Pagetop

無題短編小説 A-Ⅳ



 急速に意識が戻ってくる。
遠くでは騒がしい声が聞こえていた。
少し眠ってしまったようだ。
妙な夢を見たような気がするのだが強いノイズが残っていて思い出せない。

「ふぅー。」
あいつが失踪して半年が経つ。
勤めていた会社は倒産していたし、調べて見れば湧いて出てくるのは女の影。
借金こそ小額で助かったものの、裏切られ、捨てられたこちらとしては腸が煮えくり返る思いだ。
がっくり肩を落としていたおふくろは、働きだした職場の人間に恵まれ少しずつ明るくなってきたのが幸いだ。
もう、あいつが生きようが死のうが関係ないと思っているのだが、ふと気になってしまう。
「……親父、元気かな……」
今日は妙にセンチになっているようだ。

真っ青に晴れ渡った空には雲一つなく、太陽から優しい日差しが降り注いでいる。
やけに気分が晴れやかだ。
体を起こして軽く伸びをする。
「そろそろ戻るか。」
独り言をいい運動場の隅にあるお気に入りのベンチから離れた。

 運動場では甲子園行きを期待されている野球部が我が物顔で練習をし、サッカー部が恨めしそうに隅で睨んでいる。
まるで自分のストレスを発散させるためだけに大声を張り上げているようにみえるクラブ顧問。
生徒を威圧するかのように睨みながら歩く生活指導の教師。
廊下では、となりのクラスのあいつが生意気だと鼻息を荒くして制裁方法を話し合うヤンキーきどりの男子生徒。
昨日見たテレビ番組の内容を話し合って仲間であることを確認しあう女生徒達。
昼休みも学校は正常運転だ。

「キーンコーンカーンコーン」
予鈴のチャイムが響き渡る。
散り散りになっていた生徒達が教室に移動し始めた。
そのとき、むせ返る思春期特有の匂いの隙間から、微かにさわやかな香りが鼻に触れた。
頭の中が少しクリアになる。
匂いの元を探そうと立ち止まると、正面から女生徒がこちらに向かって駆けて来た。
セミロングの髪に両側に垂らしたおさげが少し子供っぽっさを醸し出している。
少し小走りに駆けてくる女生徒の瞳は間違いなく僕を捉えていた。
微かな笑みをたたえる彼女の顔の、漆黒に輝くつぶらな瞳に何かが見えたような気がした。
「……僕は……」
自分の意志とは裏腹に何かの言葉が漏れそうになるのだが、最後まで言葉がでてこない。

「サトル!」
僕の言葉にかぶせるように竹内は叫んだ。
「探したんだよ! 昼休みは書道部の今後の活動を先生と打ち合わせする予定だったでしょ?」
駆けて来たときのような笑みは消え、少し怒った表情で僕を責めた。
「とりあえず、あんたが体調不良だって適当な理由つけて打ち合わせを放課後に伸ばしておいたけど、インテリ加藤の奴は顔引きつらせてたわよ。」
無表情でただ見つめている僕を不信に思ったのか、竹内がほっぺを膨らまし始めた。
「ちょっとサトル、何黙ってんのよ。なんか文句あるの?」
つっかかってきたが少し間を置いて、
「……まだ、元気でない?」
申し訳なさそうに僕の顔を覗く。

一瞬、フラッシュバックのようにノイズまじりの記憶が蘇る。
色の無いシディームの街、失踪したあいつ、ネド広場で会った仮面をつけた少女、悲痛な叫び声、伸ばした手に捕まったときの温もり、その時の笑顔。
辛うじてその記憶が留まっている間に僕は確信した。
(君だったのか……)
そして、全ての記憶は光の彼方に消えていった。

「ありがとう。」
不意に言葉が飛び出した。
何故かはわからないが、間違いなく僕は彼女に感謝していた。
今まで感じたことの無い温かい気持ちが僕の心を満たしていく。

 竹内は何のことかと一瞬ためらった表情をしたが、うまく打ち合わせを伸ばせたことに対しての言葉と捉えたようで、
「任せなさい!困ったときはこの竹内まで!」
どこかの安っぽいキャッチフレーズのように口ずさみ、満面の笑みで小さな胸をポンッと叩く。
爛々と輝く瞳は真っ直ぐに僕を見据え、その頬は淡い桃色に染まってた。

「僕は、君を見つけた」

A04_01.jpg

-Fin-

全4回を通して読んでいただいた方、まことにありがとうございました。

次回、説明を加えたあとがきを書きたいと思います。
かなりの急展開でしたが、それもふまえてこちらもお読み頂ければと思います。


にほんブログ村 イラストブログへ

2013-02-12 : 無題短編小説 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

無題短編小説 A-Ⅲ



 先ほどの騒ぎは未だ続いており収まる気配はない。
集まった野次馬同士が新たな争いを引き起こし、更なる野次馬を呼んでいた。
そんな喧騒とは裏腹に、私と彼女の周りだけは他とは切り取られたように静かだ。
2メートルほどの距離をとったままお互い見つめ合う。

「さあ戻りましょ”---”、あなたにこの世界は似合わないわ。」
まるで違う世界からやってきましたといわんばかりに彼女は微笑みながら言った。
彼女の言葉に強いノイズが混じる。
しかし戻るとはどういうことだろう?私と会ったことがあるような口ぶりだが違う移住区にいたときに会ったことがあるだろうか?
いや、仮面を付けた少女など会ったこともない。
まして、この世界に輝いた瞳で真っ直ぐ見つめる者など存在しないに等しい。
会っていれば必ず覚えているはずだ。
ノイズだらけの記憶を辿り、自信無く断定した。

「君は違う移住区から来たのかい?」
彼女の発言を無視して質問した。
彼女は少し笑顔を曇らせたが想定の範囲内だったのか
「ああ”---”、やっぱり私が誰かわからないのね、でもかまわないわ。あなたが私の手を取ってくれさえすればね。」
ノイズまじりの声で手を差し伸べたまま言った。
全ての真実を教えてやると言わんばかりに彼女の瞳は真っ直ぐに私を見据えていた。
「この虚構の世界に居続けるということは単なる自殺行為よ。少しずつ死んでいくの。緩やかに退廃していくこの街のようにね。」
虚構の世界というキーワードに質問せざるを得なかった。
「失踪したあいつを知っているのか?」
「この世界で私が知っているのはあなただけよ。しかしその人が失踪したのならどこに行ったのかは知っているわ。」
「どこに行ったんだ?」
「更なる失望によって絶望の世界に堕ちたか、自分の未来を信じてあるべき世界に戻ったか、どちらかね。」
どうとでもとれる答えだが彼女が嘘を言っているようには思えなかった。
この世界は偽りだとうのか?今ここにある自分や彼女は幻なのだろうか?

 突然彼女の周りに上昇気流のような風が発生した。
「見つかったわ。この悲哀に満ちた仮面でもこの世界に留まれる時間はほんの少しなのね。」
苦悶の表情を浮かべている。
「どういうことだ?留まれる時間って何?」
「私はあなたと同じ世界にいるけど、この世界の住人ではないの。」
彼女の体が少しずつ浮き始めた。
信じられない光景に目を疑う。
「私はあなたを連れ戻しに来たの。悲観しないで。ふさぎ込まないで。私と、これから訪れる未来を信じて。」
頭上には雲の切れ間から光明が降りだした。
彼女の悲痛な顔を見ると心が掻きむしられる思いがした。

「だからお願い、私の手を取って! ”サトル!”」

 常にまとわりついていたノイズが砕けちり、明確に彼女の言葉が聞こえた。
私は駆け出した。
すでに3メートルほど上昇した彼女の伸ばした腕に向かってジャンプした。
A03.jpg


 西の空には厚く覆われた雲の隙間から白い太陽が恨めしそうに顔を出していた。
頭上から降り注ぐ光は白い太陽の光ではなかった。

続く

にほんブログ村 イラストブログへ
2013-02-10 : 無題短編小説 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

無題短編小説 A-Ⅱ



 うつろな目でただ立っている者。
下を向いて自分の影を追うように歩いている者。
ひたすら不平不満をつぶやき座り込んでいる者。
ネデ広場の先客たちはいつもの如く正常運転だ。
そんな皮肉を言っている私も、他の奴から見ると同じに見えるのだろうか?
苦笑いしながら奥の青空市場に向かう。

 市場には異様な熱気が立っていた。
小さな不満と欲望がぶつかり合えば、くだらない事でも大きな渦となるいい例かもしれない。
不満をぶつけるか欲望を満たす以外興味の無い奴らだから、あいつのことを聞き回っても誰も知らないだろう。
とりあえず見て回るしかなさそうだ。

 半分腐ったような果物を無理矢理売りつけようとする店主。
壊れたガラクタやただの石ころを、さももっともらしい言葉を並べて説明する呼び込み。
商品に難癖をつけて安く買いたたこうと威嚇する客。
隙を見て盗もうとする狡猾な老人。
外野では、肩がぶつかっただけでののしり合う男達。
顔の原形をとどめないほど化粧をした女達が煽っている。
周りと容姿が違ったり身体機能が満足でない者を見ては中傷する中年。
自分よりも小さい者や舌足らずな者を見つけては見下し笑い者にする若者。
あいかわらずここも正常運転だ。
反吐が出そうなやり取りを尻目に、あいつがいないか隈無く探す。

「ウォーーーン!ウォーーーン!」
突然後方でサイレンが響き渡る。
大方先ほどの喧嘩がエスカレートしたので広場を巡回していた警備員が止めに入ったのだろう。
何事かと周囲の連中が騒ぎだし見物に移動し始めた。
そのとき、ずっしりと重たい石のように周囲に沈殿していた悪臭の隙間から、微かにさわやかな香りが鼻に触れた。
かすかに目の前がクリアになる気がした。
匂いのもとを探したいという突然沸き起こった欲求に驚きながら注意深く香りが流れて来た方に目を向けると、仮面を被った一人の少女がこちらを向いて立っていた。
セミロングの髪に両側に垂らしたおさげが少し子供っぽっさを醸し出している。
半分に割れた仮面から覗く瞳は間違いなく私を捉えていた。
微かに微笑んだように見える漆黒に輝くつぶらな瞳に何かが見えたような気がした。
「……私は……」
自分の意志とは裏腹に何かの言葉が漏れそうになるのだが、最後まで言葉がでてこない。
糞詰まりのような嫌な気分になりながら私は彼女に見入っていた。
一粒の涙を流した泣き顔ピエロの割れた仮面はただ不気味だったが、その奥に光る彼女の瞳に見つめられると不思議と嫌な気分にはならなかった。
A02.jpg

 見られてはまずいものでもあったのか、白く輝く太陽は厚い雲に隠れだした。
私が一歩踏み出すと同時に、彼女も一歩踏み出した。

続く

にほんブログ村 イラストブログへ
2013-02-06 : 無題短編小説 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

無題短編小説 A-Ⅰ



 隣人が失踪した。
この街に来て初めての知り合いだった。
ドアノブにはこれ見よがしに「Vacancy(空き部屋)」のプレートが掛かっている。

A01-01.jpg


 あいつは他の奴と違っていた。
皆と同じように不平不満だらけだったが、ロビーで管理人から鍵を受け取ったばかりの私に、少しばかりの輝きを瞳に宿らせ、微かだが自信に満ちた張りのある声で話しかけて来た。
「おい新入り、お前も虚構の世界に迷い込んだのか?」
突飛な内容にそばにいた管理人は失笑したが、すぐにくだらないTVに見入っていた。

 暇つぶしのつもりで話を聞いていたのだが、次第にその熱っぽい話し振りに興味がわき(知り合いが誰もいなかったせいもあるが)、何度か飲みに行くようになった。

 失踪前夜、あいつはしきりに何かを見つけたと言っていた。
興奮気味に話しかけるあいつの姿は鮮明なのに、話の内容がひどく曖昧にしか覚えていない。

「シディーム」
色彩のない全てがグレースケールで塗り固められた、この世界で最大の(いや世界そのものといっても過言ではない)人口数億とも数十億ともいわれる緩慢な退廃が着実に進み行く巨大都市。
失踪者なぞ珍しくもなく、大方何かに嫌気がさして他の移住区に移ったのだろう、というのが周りの奴らの見解だが、私は失踪前夜のあいつの笑顔からそんな安易なことではないだろうと考えていた。

 私はあいつが何を見つけたのかもう一度確かめたかった。
なにより、強い日差しに追いやられてドブの側溝に逃げ込んだ哀れな影のように、暗く惨なこの世界で、なぜそんなに希望に満ちた微笑みを浮かべることができたのか?アイツを探し出して問いつめたかった。

 手がかりはたぶん一つだろう。
アイツは失踪前日、ネデ広場に行ったと言っていた。
それだけは鮮明に覚えている。
そこに行って何かを見つけたと言ったんだ。

 この移住区の東に位置するネデ広場は隣の移住区との境目にもなっている上に、一部青空市場としての機能もある。
とにかくいつも人と物でごった返しているのできっとアイツはそこで何かを見つけたのだろう。

 そして失踪した。
胸くそ悪い「希望に満ちた笑顔」を私の心に残したまま・・・。

 カビ臭い匂いの充満したアパートから出ると、相変わらず白い太陽が地上に影を作るためだけに輝いている。
私は地面に落とした自分の影を見つめながらネデ広場へ歩き出した。

続く

にほんブログ村 イラストブログへ
2013-02-03 : 無題短編小説 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

泉 坂

Author:泉 坂
イラスト描いてます。
靴も作ってます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる