Mario Raven (マリオン レイヴン)

自分のやっていることに納得がいかない日々が続いております。

そんな時は愛する音楽の話題に。

私のLOVEな(まあ、LOVEはいっぱいいるんですが)Mario Raven。

アメリカから母国ノルウェーに活動を戻してのアルバムSongs from a Blackbirdをやっと入手。

だいたいはyoutubeで聞いていました。

市場の大きいヒットチャートにランクインする曲ではないでしょう。

消費者が喜ぶ甘ーいものやお涙ちょだいやわざとらしいエグ味はありません。

人によっては曲調が良くも悪くも少し古くさく感じるものもあるかもしれません。

ただそこに彼女の歌う姿があり、彼女の声があり、彼女の思いがあります。

M2Mの活動は成長期だったとしても、レコード会社との100万ドルの契約などの成功はさほどの問題ではなかったのでしょう。

大切なのは彼女の奏でたかった音です。

このアルバムはいままでにないMrionの意思が色濃く反映されたものでしょう。

とっても素敵なアルバムです。

今年は前半の半年はコニーウィリスとロウクロウで、残りの半年はこのMario RavenのSongs from a Blackbirdでなんとか精神を繋ぎ止めていけそうです。

この曲は一押し。

MARION RAVN - DRIVING


…嫁に来きてくんないかな?

新曲も継続していい感じになってます。

Marion Raven - "In Dreams"


あと俊樹さん、拍手コメントありがとうございます。
たくさん失敗しちゃったけどさわやか感を感じていただけて光栄です(^^)

2014-08-01 : 音楽 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

まだ蕾

自宅から少し離れていますが蓮の花を見に行きました。
IMG_0274.jpg

しかしまだ時期早々、辺り一面葉がいっぱいに広がっています。

もう少しで咲きそうな蕾がちらほらと。

IMG_0270.jpg

この池に見に来るのは今年で三度目、毎年恒例になりつつあります。

5月に来たときは濁った水面だけだったのがいまでは緑がまぶしい!

来週あたりからぐっと咲き始めるかな。

しばらくしてから再訪してみよう。

大型台風がやってくるようですが、乗り切ってすてきな蓮の花を咲かせてもらいたいものです。

20140708.jpg

2014-07-08 : イラスト : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

川のほとりでナイアスを見つけた

川のほとりでナイアスを見つけた。

胸にぽっかりと穴をあけて苦悶の表情で佇んでいる。

そっと近寄って話しかけた。

「こんにちわ、君たちを見かけるのはとても久しぶりなんだ。」

期待した答えとは裏腹に何の返答もなし。

するとナイアスの影法師が答えた。

「話しかけても聞こえないよ。彼女はただのニンゲンだから。」

「なんだ、彼女はただの美しいニンゲンか。ところで影法師君、どうして彼女は胸に穴が開いているの?」

ぼくは影法師の胸に穴が開いていないことを確認して質問した。

「それはね、彼女を妬んだニンゲンにやられんだ。この子は美しいからいずれ他のニンゲンに攻撃されると思っていたけど、言霊を使うとはね。」

「ニンゲンはまだ言霊を使うのかい?そりゃ納得だ。胸に穴を開けるなんてあの兵器なら朝飯前だよ。」

ふうとため息をつく。まさか言霊なんて兵器をまだ使っているなんて…ニンゲンらしいや。

「ほら、あそこの木陰に今にも待ち構えているやつがいるよ。」

少し離れた木の陰から目から嫌な光を発している人形のようなニンゲンがこちらをうかがっている。

ぼくは美しいニンゲンの笑顔もナイアスにそっくりだといいなあと思った。

そしてそっと人形のようなニンゲンに近寄って影法師に話しかけた。

「こんにちは、そのニンゲンがあそこのナイアス…美しいニンゲンの胸に穴をあけたと聞いてたんだけど、止めさせてくれないかな?」

「やあ、こんにちは、結論から言うがそれは無理だよ。この醜いニンゲンはすでに歪みきっているからね。私にはどうしようもないよ。できるとしたら浄化だけ。この子の寿命を待つしかないね。」

「ぎゃふんと言わせてやればあきらめるかな?」

ぼくは帽子に力をいれる。

「何をやっても無駄だよ。相手はニンゲンなんだよ?そんな事は記憶にない、そんなつもりじゃなかった、その子の為にと思った、自己弁護のオンパレード。結果は見えてるよ、そんなショーは見たくないでしょ?」

影法師といっしょに苦笑いをする。確かに結果は見えていた。

振り返ると美しいニンゲンは相変わらず苦悶の表情で遠くを見つめていた。

彼女のそばに立ってしばらくいっしょの時間を過ごし、彼女の影法師に頼み事をした。

「ぼくはそろそろ出発するよ。彼女に伝言を伝えてくれるかい?」

「構わないよ、夢で伝えましょう。で、伝言は?」

「来る日も来る日も雨ばかり。」

20140623.jpg
2014-06-24 : 無題掌握小説 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ひとり帽子くん、旅に出る〜

ひとり帽子くん、旅に出る(無賃乗車はいけません、ただし料金適用範囲による)

20140617.jpg

ひとり帽子くんは人ではございませんので、料金適用範囲外のため乗車賃は発生いたしません。

そもそも人には認識できない存在なのです。
2014-06-17 : イラスト : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

泉 坂

Author:泉 坂
イラスト描いてます。

記事とイラストは必ずしも(頻繁に)連動しません。

ブログランキング・にほんブログ村へ

カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる