Made Again 06 (Trap Door )

はじめて言葉を発したそのモノであったが、以降は「ザザザーーー」というノイズばかりが音を立てていた。
それがもどかしいのか、何度も身をよじりながら手をバタバタさせていたがそのうち諦めて辺りをきょろきょろと見回しはじめた。
そしてタイプライターを打たずに歩きはじめたのだ。しかも前に進むばかりだったのだが、右へ行ったと思えば左へ行ったり、戻ったり、這いつくばったりと今までにない行動をとりはじめた。
あきらかに意思があるようだ。
行動は激しさを増していき、壁をたたき出したり寝転んで手足をバタバタさせて大音量のノイズを発したあとに、まるで動力源を取られたオートマタのようにぱったりと動かなくなってしまった。
突然「バンっ」と地面を叩いたあと、胡座をかいたそのモノは、小さなノイズを出したまま宙を見つめて何かを考えているようだった。

外では、空に浮かんだ二つの太陽はいそいそと他の土地を照らしに行こうと地平線の向こうに沈んでいき、どんどん辺りは暗くなっていく。

驚いたそのモノは隠れるように折れた柱と壁の間にすっぽりと体を納め、膝を抱えて丸くなった。
時折、小刻みに震えてはむせび泣くように細かなノイズを発した。

夜空では若々しい月が大いばりで輝き、塔の中に入って来た光は羽毛となって、まるで慰めるかのようにそのモノの頬にそっと触れた。
しかしそのモノは、プイッと顔を背けて自分の腕に顔を埋めた。
時折、ゴオオっという遠くから聞こえる音以外は何も聞こえずとても静かだった。

どのくらい時間が経っただろうか。
月は塔の反対側に回ってしまってほとんど光が入ってこなくなっていた。
そのモノはノイズすら発しなくなっていたが、背中はゆっくりとリズム良く上下に動いていた。
あの環境型真空管も今は何も反応していない。

闇が少しずつ濃くなっていく頃、そのモノはびくっとそっと顔を上げた。
まるで呼吸をしているかのように微かにノイズが漏れる。
環境型真空管もチカチカと光りだしたようだ。

そのモノは闇が濃くて何も見えない回廊の奥をじっと見つめていた。
奥から何かが聞こえた。
微かだが確かに聞こえた。人の声だった。
そのモノは立ち上がって奥に向かってゆっくりと歩き出した。

しかし、いくら歩いてもあれ以来一度も声は聞こえず何度も立ち止まり戻ろうとしたが、まるで戻っても仕方ない、といった具合に顔を振り、再び声のした方へ歩いていった。
すでに1時間ほど歩いただろうか。
再び月の光が回廊に差し込むようになり明るくなってきた。
しばらく進むと、幾つかの光が絹の糸になって回廊の壁で戯れていた。
そのモノが近づくとさっと糸は引っ込んで、距離をおいてそのモノの回りでじゃれ合っている。
先ほど光の糸が戯れていた場所には顔の様なレリーフが施された取っ手の無い扉があり、そのモノが扉に耳を近づけると人の話し声が聞こえた。
「…恐怖…湧いて…受け入れる…」
どんな話をしているかまでは聞こえないが、この中に誰かがいるのは間違いない。

この回廊には階段がない、だから上ることも降りることもできないので誰もここにはくることができないはずだ。
悠久とも思える時間をただ歩いてきたそのモノはよく知っているはずだが、ここにいるのは今までのモノではなかった。
数時間まえに唐突にこの場に現れ、現状を理解できずにどうすることもできない哀れな意思を持つオートマタだ。

軽く扉を叩くと話し声が止んだ。
「ザザザーザザザーー」
そのモノは懸命に言葉を発しようとした。
環境型真空管はチカチカと点滅を繰り返し、とうとう鮮やかな青色に光った。
「ザザザザーーー、ザザーー、ザ、ソ、ソコに、誰かいるの?」
ノイズが止まり、鮮やかな音声が回廊に響いた。

Made_Again_Act_06.jpg

続く
2014-11-25 : Made Again : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

Made Again 05 (Another Night )

 いつの頃からか、降りることも登ることもできない塔の回廊でそのモノは歩いていた。
人型をしたそのモノは、頭と思える部分には複数の仮面を被り、光沢を放つ金属の体に腹部はタイプライターで構成されていた。
腹部のタイプライターを叩くと、それに連動して脚部が可動して前に進む仕組みのようだ。

「カタタンタンタン、ジーーー、カタタンタンタン、ジーーーー」

意思が有るようにも思えぬそのモノは、日が昇っている間はおかしな足音を立てながらただ同じ所をぐるぐると歩いていた。
しっかりと踏みしめた足跡にはあざやかに黒い文字が印字されて、そこから力強く芽吹いた植物はあっとゆうまに成長して綺麗な花を咲かせては塵芥のように消えていく。
時にはセリフ、サンセリフ、スクリプトと、その物の気分なのか、カオスのようにフォントが入り乱れる。

夜がやってくるとそっと立ち止まり、胸の吸気口から周囲の闇を吸収して体内で高密度に闇を圧縮したインクリボンを生成し、そのまま腹部のタイプライターに装填して明日の稼動エネルギーとしていた。

ある時、まだ日が高いうちにそのモノは立ち止まろうとしていた。
動きが緩慢になっていく。
あきらかにエネルギーが不足していた。

昨晩は数百年ぶりの月の脱皮だった。
脱皮した月はその若さを取り戻し、みずみずしさを取り戻した肌は太陽の光を受けてこれでもかと輝いていた。
しかも、脱皮した古い表皮は光かがやく無数の欠片と化して地表に降り注ぎ、きらめく涙になって月の光を乱反射させていた。

そのせいで夜の闇が薄くなり、稼動の為のインクリボンの濃度が薄くなっていたのだ。

 足跡の印字はどんどん薄くなっていき、弱々しい雑草が小さく生えては跡形も無く消えていく。
とうとう見ることすら叶わないぐらいに薄くなった印字からは何も生えなくなり、その物は大きな音を立て、ぶるんと一度震えて立ち止まった。
たとえ闇がやってこようとも、インクリボンを生成する為のエネルギーすら残っていなかった。
悠久ともいえる長い時間をただ同じ所をぐるぐると歩き回ったそのモノは、とうとうその役目すらわからないまま終焉を迎えようとしているのか。
どうすることもできずにじっとその場に立っていた。
しかし、装填されたインクリボンの間に、見慣れない小さな物が挟まっていた。
それはMT管の形状で表面は透明になっており、内部は地熱ヒーターに草原カソード、成層圏プレートがあり、無数の有機グリッドで構成されていた。
昨晩地表に降り注いだ欠片が変形した環境型真空管だ。

通常、月の脱皮から生まれた欠片は一定時間で液状化し、月の光で沸点に到達して一瞬で気体になり、数十年かけてまた月に戻るのだ。
欠片の状態で挟まり、液状化するまえに高濃度の闇に包まれて月の支配から解放されたのだろう。
自由となったその欠片は一晩で独自に進化し、小さな環境型真空管と姿を変えたのだ。
真空管はすでにそのモノにしっかりと付着しており、すでに内部中枢までその配線を伸ばしていた。
そして真空管がチカチカと青い光を放ったかと思うと、そのモノはガタガタと上下に動きだして今までに無い奇妙な音を発した。

「ザーーーー…ザザッ、ザーー、ア…、アレ?ココ、は、どこだ?」

made_again_05.jpg

続く
2014-11-19 : Made Again : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

鹿児島市に行ってきたよ

先日、お仕事で鹿児島市に行ってきました。

その間にすこし観光でもと思っていましたが、やはり会社は甘くはありません。

でもこっそりと写真を撮ってきました。

2014_1115_01.jpg

鹿児島県立博物館考古学資料館、これを見たかったが故にこのそばのホテルに宿泊。

2014_1115_02.jpg

鹿児島中央駅の若き薩摩の群像、撮影前にノートで指を切っちゃって流血。

2014_1115_03.jpg

桜島、風が吹くと目に灰が入って痛い。

2014_1115_04.jpg

やっぱり猫ですわ、ええ。その土地の人とは触れ合わずに猫と触れ合ってきました。いつものことです。

2014_1115_05.jpg

ちょっとワクワクしちゃう路地裏。

まったくその辺を歩いただけです。でも何が有名か知らないから楽しめればそれで良いですね。

写真は以上ですが、山形屋の焼きそば、黒豚のなんか揚げたヤツ、焼酎アサヒの無濾過(めちゃうまい!)、よだれべ、鶏刺し、とそれなりに美味いものを食べてきました。

ブログで書くとなかなかいいこと尽くめですが、鹿児島の仕事のおかげで年末まで地獄を見そうです。
2014-11-16 : 写真 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

そろそろ年末に向けて

ばたばたした仕事が一段落したと思ったら、そろそろ年末に向けてのお仕事でけっきょく忙しいままあと2ヶ月を過ごしそうです。

最近よく思うことですが、どんな小さな仕事でも熱意をもって取り組まない人の言葉は軽薄に感じるなあ、と。

現状に不満があって仕方なくその仕事をしているのかもしれませんが、お金の為だけや腰掛けだと思いながらやる人の仕事は見ているだけでわかります。

どのように取り組むかはその人の自由ですが、自分がどこに向かおうとしているのかを本気で考えて仕事に取り組んでもらいたいものです。

どんな仕事でも必ず自分の熱意は反映できるものです。

2014_1106.jpg
2014-11-06 : イラスト : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

泉 坂

Author:泉 坂
イラスト描いてます。

記事とイラストは必ずしも(頻繁に)連動しません。

ブログランキング・にほんブログ村へ

カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる