限りがない

このところよく考えるんですが、お金ってどのぐらいあったらいいのかなって。

あればあるほどいいんでしょうけど、はいそうですかで手に入るわけではありません。

それ相応の対価(時間や労力、責任など)がとられるわけですし、それを費やしても手に入るわけでもないですし。

例えば年収400万あったら「あ〜、500万あったらいいのにな。」って思うんでしょうけど、500万になったら「あ〜600万あったら…」って思って、600万あったら700万、1000万とその状態に満足せずどんどん欲が膨らんでいって限りがないんじゃないのかなっと。

満足してしまったら向上心がなくなる、なんてもっともらしいこと言う意見もあるけど、それはお金である必要はありません。

お金ではなくても、仕事上の「役職」もそうです。

上を目指すのが社会人として当然、とか言う人も、それはあなたの思想であってそれを一般常識にするのはお門違いです。

ん〜、愚痴っぽくなっちゃってますが、私は今の平社員で満足してるんです、少ないお給料でぼちぼちやっていけてるので問題ないんです。

この先あるかどうかもわからない「結婚」や「子供」のために余分な押し付けを食らって死ぬほど仕事をしたいとも思いません。

必要なことは必要になってから考えます。

人はあまりに先を考え過ぎです。

もっと、自分の今を楽しみましょう、必要な時になけりゃ、ある分だけでなんとかなります。

でもいつでもセクシーは大切。

20150825.jpg

2015-08-29 : イラスト : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

尾道一人旅 その2

今回の旅で数匹の猫と出会いました。

細い坂道をずんずん登っていくと
DSC_0087.jpg

!! い、生き倒れた猫が!
DSC_0092.jpg

寝ているだけでした。
DSC_0094.jpg

指でつんつんすると、半目を開けて大きな欠伸とともに再び眠りにつきました。

こ、こんなところにも生き倒れた猫が!
DSC_0370.jpg

寝ているだけでした。
DSC_0375.jpg

柔らかな光に包まれております。
DSC_0392.jpg

私を一切無視する孤高の猫。
DSC_0467.jpg

にゃんだい?
DSC_0515.jpg

屋根と同形色でしばらく気づきませんでした。
DSC_0516.jpg

結構お歳を召されているようです。
DSC_0523.jpg

するっと側溝の中に消えていった親子。
DSC_0531.jpg

ほかにも小さな猫の置物やイラスト、猫の細道や招き猫美術館と猫の名のつくものがたくさんあり、猫好きにはほっこりする尾道でした。
2015-08-25 : 写真 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

尾道一人旅

先日、小津安次郎監督の東京物語を見て号泣してしまい、どうしても尾道に行きたくなったので少しずらしたお盆を利用して決行いたしました。

ついでに仕事で使えるかも?ということで初デジ一眼を購入、初お供に連れて行きました。
IMG_1628.jpg

電車を乗り継いで行き
DSC_0017.jpg

やってまいりました尾道。
DSC_0029.jpg

細い道と坂をずんずん進んで行きます。
DSC_0077.jpg

持光寺
DSC_0067.jpg

光明寺
DSC_0082.jpg

すてきな石畳の階段、でもみんな死にそうな顔して登っていきます。
DSC_0111.jpg

ネコノテパン工場は夏季休業中でした。
DSC_0084.jpg

猫の細道をささっと軽やかに通って
DSC_0146.jpg

艮神社をすり抜けて
DSC_0162.jpg

地味に歩き続けてやってまいりました、浄土寺。
DSC_0193.jpg

小津監督、尾道は今日も暑〜なりました。

しばらく鳩が私の周りをなんども滑空するので、ラピュタのパズーよろしくラッパを吹く真似をして遊んでいました。
が、鳩は単に餌がほしかったようです。
30円でセルフ餌を購入して撒こうとすると、一匹行儀の悪い子がいたので、「stay!」と大声で言うと大人しく餌を撒くのを待っていました。すでに誰かに調教されているようです。

その後、ロープウェイで千光寺まで行き映画、ドラマでの名シーンに使われたらしいところを回りましたが、見たことないので「アッハーン?」と脇見をしてホテルに直行しました。

とにかく晴天で暑い!暑くてもう汗だくでした。

ホテルの部屋からの展望は最高、奥の橋はしまなみ海道。
DSC_0441.jpg

翌朝、早起きして散歩すると悪名高き(?)尾道城は朝日を受けてなかなか素敵に見えました。
DSC_0455.jpg

再び尾道駅周辺まで降り、去年オープンしたシャレオツ全開の ONOMICHI U2へ。
DSC_0560.jpg

なんでもサイクリスト用に室内に自分の自転車を持ち込めて宿泊できるとのこと。
機会があれば愛車とともに泊まってみたいものです。

さらに戻ってアーケード街をぶらぶら、そして最大の目的地へ。

パン屋航路 with 暗夜行路。
DSC_05891.jpg

…これがやりたいがために図書館で暗夜行路借りて持って行きました(笑

かなりの人気店みたいで引っ切り無しにお客さんが入っていきます。

私は大好物のシナモンがついたシナモンなんちゃらレーズン(名前忘れた)を購入、店前のベンチで偶然隣に座った齢80歳オーバーのおばあちゃんといっしょに美味しくいただきました。
DSC_0586.jpg

帰るまえにもう一度アーケードをプラプラしてると、後ろ髪引かれるものが。
DSC_0594.jpg

ごめん、今日帰るの (TT) また来るからね。

尾道はすごい坂と細道でごちゃごちゃっ!っとしているけれども、子供の頃に歩いた細道を思い出させるような雰囲気でとっても素敵です。

山手と海岸線がすぐそばにあり、観光名所や新興のカフェ、ショップ、アートなんかもその狭い範囲でたくさんあるのでとても楽しめた旅行でした。

次の更新では、その時出会った猫たちについてアップします。
2015-08-24 : 写真 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

忘れすぎ

最近、いろいろと興味が湧きすぎてすっかりブログのことを忘れてしまっています。

住んでいるマンション住民がうるさくなってきたので引っ越そうかなーなんて考えてたら、次こそは猫が飼えるところ、と探してもなかなか見つからず、じゃあ中古住宅でも買っとく?なんて気軽に考えてみたら、独り身なら平屋をリノベしてフラットハウスなんていいんじゃなーい?なんてことでいそいそと不動産屋まわって、そしたら車もいるよねーなんてことで車探してみたけどピンとくるものが新車でないから旧車かな、ってことでルノー4キャトルがやっぱシャレオツだってば!ってことで旧車専門店で探してもらってたけど単にカーセンサー記載の車紹介してきて数十万吹っかけてきたのでその後無視して、中古物件も800万ぐらいの物件で10年ぐらいのローン組んだら7万ぐらいだから楽勝だねなんて思ったけど、なんだかいろんな書類がいっぱい必要でめんどくさいなーって思ったらすっかり熱が下がっちゃって結局いままで通りに戻ったここ3ヶ月間の動きです。

とまあ、ぐだぐだで無駄な期間を過ごしておりましたが、けっして全てが無駄だったわけでなく。

最近ふと気がついたことがあります。

それは…

「自分が足フェチかもしれない…」

でも、ちゃんと靴を履いてなきゃだめなんです、生足はNG、しっかり靴にインサートしていなければいけません。

特にハイヒールを履いている足は素敵です。

いや、足を飾るハイヒールが素敵なのか?

その辺がまだ曖昧なので発展途上フェチにしておきましょう(笑

20150820.jpg


2015-08-21 : イラスト : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

泉 坂

Author:泉 坂
イラスト描いてます。

記事とイラストは必ずしも(頻繁に)連動しません。

ブログランキング・にほんブログ村へ

カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる