朽ちてゆく壁、心の壁

webアンソロジー季刊誌「carat!」vol.3 秋号 参加作品
vol.2 夏号 参加作品 「風気分測定士」の続編です。
——————————————————————

「おかしいな。」

ヨアヒムは首をかしげて風気分測定器に表示された数値をじっと見つめて言った。

「無風、ですか。」

前回の測定ポイントよりかなり北に移動していた。
今回測定に選んだ場所は過去の風気分測定士がマーキングした測定ポイントではなく、ヨアヒムが独自に判断したポイントだった。
そこには、いつ、誰が、なんの目的で建てたかわからない5mほどの高さがある巨大な壁の遺跡が数キロメートルに渡って残っていた。
かなり風化が目立ち、大部分が倒壊していた。
このあたりには数千年前に大きな都市があったが砂漠化が進んで人の活動拠点が東に移動したために都市は放置されたのだった。今では都市は完全に砂に埋もれ、壁だけが佇んでいた。

ヨアヒムはその壁に登り、測定器具を固定して再チェックをかける。
測定数値は∞、それは測定不能、早い話が無風だった。
「やっぱり無風だなあ、読みが外れたのかな。」

シルフたちの残り風が捉えられなかった。
ヨアヒムは残念がった。
過去の数値に惑わされることなく、先人の残したポイントに囚われることなく、自分で導き出した測定ポイントが正しいと思っていた。
他人の力を借りることなく、頼ることなく、自分自信の力でシルフを捉えられると信じていた。
彼の目の前には荒野が広がり、それは無限の広がりを感じさせた。
自信を喪失したヨアヒムを屈服させるにはそれほど時間は掛からなかった。

うつむいたヨアヒムの目からは光が消え、どっこいしょと言わんばかりに重い腰を下げて座り込んだ。
今の彼は当初の力漲る野心家ではなく、無謀なチャレンジのせいで後悔する青臭い愚かな青年の姿だった。
頭上では強い日差しを照りつける太陽があざ笑っていた。

ヨアヒムはごく普通の家庭に生まれた次男だった。
しかし彼は家庭内ヒエラルキー最下層がゆえに常に上層からストレスのはけ口として暴力を受けていた。
父は仕事熱心だが家庭を顧みず、母は癇癪持ちで気に入らないことですぐに長男やヨアヒムに暴力を振るった。
兄はそのストレスから母にならい、ヨアヒムに暴力を振るっていた。
ヨアヒムは自分が最下層だから何にそのストレスをぶつけていいかわからなかった。

ある日、遊びに行った友人の家の庭に繋がれた飼い犬がいた。
無垢なその犬はヨアヒムを見て吠えいた。
警戒したのか、かまってほしかったのか、ただ吠えただけなのか。
ヨアヒムは何となく癪にさわり、友人の目を盗んでその犬を黙らせるために両手で突き飛ばした。
突き飛ばされた犬は転んで一回転したが、素早く起き上がってさらに大きな声で吠えた。
ヨアヒムはえも言われぬ後ろめたさを感じて逃げるようにその場を去り、小さいながらも暴力を振るったことに悔いた。
犬を突き飛ばした感触が手に残っていた。
体が小刻みに震えていた。
涙がとまらなかった。

その夜、家に帰ったヨアヒムに母親は学校でのテストの点について難癖をつけて暴力を振った。
その後、ささいな会話から兄が激昂してヨアヒムに暴力を振るった。
執拗な二人の暴力が静まった後、彼は机に突っ伏して泣いていた。
そして突然カッターナイフを取り出して自分の腕にその刃を押し当てて勢いよく滑らせた。
腕に痛みが走り、顔をくしゃくしゃにさせた。
しかし、その痛みが彼の心に静かな平穏を訪れさせた。
小さな傷だったが血が滲みだすことで自分の怒りが外に放たれていくように感じたのだ。
それ以来、彼は家庭内で暴力を振るわれるたびにこの行為を繰り返した。
できた傷の数だけ彼の心を覆う壁は高さを増していった。
彼が風気分測定士を志すその時まで。

「ギャッウ〜!」

トラビの鳴き声で物思いにふけっていたヨアヒムは驚いた。
トラビは首を撫でてもらいたい様子ですりよってきた。
いつも通り首もとを撫でてやる。
トラビの首元には移動用爬虫類に対する過酷な調教のせいでつけられた痛々しい傷跡が残っていた。

「ああ、そろそろ食料が心許なくなってきちゃったよ。どこかの街で補給しなきゃ。一番近い国境ゲートが北東かあ、3日ほど歩けば辿り着けそうだ。そこで近くの街を教えてもらおう。ついでにシルフの情報収集といきますか。」
トラビと小さいながらもコミュニケーションをとったことでお互いの信頼関係を再確認したヨアヒムの目には光が戻っていた。

02_03.jpg
2016-08-25 : 風気分測定士 : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop

暑中お見舞い申し上げます。

なんと数年ぶりに夏風邪を引いてしまい、数日葛根湯を飲みつつおうちで寒気に耐えておりましたが、やっと熱も下がり(測ってないけどたぶん)鼻水止まり、咳もほどほどに収まっております。

今年もお盆は休まずお仕事ですが、来月はとうとう長期休暇をとって日本脱出を計画中。

暑い日が続いているので暑中見舞いでも描こうかと思っておりましたが、そういえばブログ始めてから暑中見舞いって書いたことないよねってことで。

160814_01.jpg

そうこうしてるうちに台風接近で少し涼しくなってきましたが、どうぞみなさま、ご自愛くださいませ。

2016-08-14 : イラスト : コメント : 6 : トラックバック : 0
Pagetop

Made Again 16 (フロルティン市 慈母の微笑みと涙の渦病院)

 スピーカーから流れる美しいスキャットがノイズで遮られた。

「ちょっと、勝手にいじっちゃだめでしょ。」
巡回に来た若い看護婦が老人のベット脇においてあるラジオのスイッチを切ったので、ペアの主任看護婦がたしなめた。
「いいのいいの、意識のない寝たきり老人なんかにラジオ聞かせても仕方ないんだから。
どうせお迎えがそこまできてるんだし、何よりうるさいんだよね。誰がラジオつけたのかしたら?」
悪びれるそぶりも見せず、ショートカットの活発そうな若い看護婦は検温をしながら言った。
「キャシー、いい加減にしなさい。この人の唯一の楽しみなんだから。ごめんね、おじいちゃん、ちゃんとラジオをつけておきますからね。」
主任看護婦がラジオをつけ、イージーリスニングのチャンネルにあわせた。
「まあ、ケイト主任ったら。いい子ちゃんぶっちゃってさ。」
キャシーは頬を膨らませて悪態をついた。
「でもさー、私、まだこの人を担当して一週間だけど、一度もお見舞いに来た人見たことないよ。だれかお見舞いにきた人って見たことある?」
「この人に身内はいないみたいよ。十代でこの病院の清掃係りの仕事について60年。ずっとここで働いていたそうよ。」
ケイトは特に感情を込めずに言った。
「うげ!60年もこんなところで働くなんて!私なんてここに移動してきてから3ヶ月でギブアップ寸前。」
キャシーはぐったり肩を落として手持ちのボードに検温記録を記入している。
「たぶんこの病院で一番長く働いていたんでしょうけど、誰も彼のことはよく知らないの。ここで働いて、2ブロック先の自宅アパートに帰って、またここで働いて、を延々繰り返していたそうで、誰とも何の関係を持たずにいたんだって。それで半年前に仕事中に脳梗塞で倒れたんだけどなんとか一命は取り留めたわ。でもそれから意識不明のまま。親族は誰もいないから、院長が長年働いてくれた恩返しだから面倒見るっていったんだって。なのでこのお部屋でXdayが来るまで就寝中っと。」
ケイトは喋りながら淡々と機器のチェックを済ませていった。
「へ〜、まさに天涯孤独の身って奴ですが。なーにが楽しくて一人だったんでしょうね。私なんて一人じゃ耐えられないわ。この仕事の重圧に立ち向かえるほど強くないもの。ああ、ゾンビも轢き殺してしまうような馬鹿でかいGMCのピックアップトラックに乗って、颯爽と私を助けに来てくれるカウボーイはどこにいるのかしら?」
くるりと一回転、スカートをひらりとなびかせ天を仰いで見せるキャシー。
「あんたの趣味はよくわからんわ。それよりさ、西区で起こった人身売買&レイプ事件の被害者が一名、この病院に入院したらしいわよ。」
「まじで!どんな女なの?ギッタンギッタンにされてた?」
キャシーが興奮気味に聞いてきた。
「どうゆう意味?ギッタンギッタンって。まあ、いいわ、受付した同期の看護婦が警官から聞いたんだけど、なんでもその女、ビリヤード台に縛られて何時間も何人にも輪姦されたそうよ。きっとアソコはがばがばになっちゃってるよね。
身体の傷はそれほどでもないそうだけど、あまりのショックとクスリの打ち過ぎでちょっと頭がいかれちゃったみたいで、この病院のサナトリムで治療中ですって。犯人グループは知ってのとおり極左テロ組織「紅の旅団」。あんた、気をつけなさいよ。」
ケイトはキャシーをジロリと見つめて注意した。
「なんだ、ただのジャンキーじゃん。まあ、あの治安の悪い区域で夜中に遊び歩いてんだから自業自得よね。まともな女なら、ボンバーズって店だっけ?最低な名前。あんなチンピラばっかり集まるとこにいくわけないじゃない。どうせ立ちんぼのビッチだったんじゃない?」」
「ところがどっこい、入院した女は大学までのエスカレーター式学校「光の羽根と知恵の泉」の教師だったそうよ。」
「まじっすか!あの学校って政界や経済界の著名人の母校で有名なとこでしょ。めちゃエリートじゃん。しかもこの病院といっしょの「神の光と心の扉」関連施設だし。いい給料貰ってんのに何やってんだか。ハゲ親父から搾取するスリルで我慢しとけばいいものを。」
キャシーは言葉とは裏腹にちょっと羨ましいという表情を作った。
ケイトは呆れた表情でため息をつく。
「あんた、ハゲ親父とエンコーでもしてんの?」
「え!してないしてない!とりあえず髪はあったほうがいい!」
「だからどういう意味?まあ、いいわ。でね、さっきその事件のことで警官が病院のロビーに来ていたんだけど、その彼がさ、ガエル・ガルシア・ベルナルみたいなイケメンだったのよ!」
「え〜、あの俳優、ナヨナヨ男じゃん。私だったらウディ・ハレルソンみたいな渋めの中年がいいな・・・。」

隣の部屋の検温に向かった看護士たちの声が小さくなって部屋には静寂がもどり、老人に繋がれた人工呼吸器の音と、眠気しか起こさせない音楽が流れていた。
意識不明の老人は、白い4面の壁に包まれた小さな部屋の窓際にぽつんと置かれたベッドに横たわっていた。
しばらくすると突然ラジオのチャンネルが変わり、女性のスキャットが聞こえてきた。
老人は何かの夢を見ているのか、時折まぶたが激しく痙攣しているように動き、聞き取れないほど小さなうめき声を何度も揚げていた。

「何かを・・・受信・・・」

16.jpg

続く
2016-08-11 : Made Again : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

Made Again 15 (アメリカ合衆国モンタナ州フロルティン市)

スピーカーから流れる美しいスキャットがノイズで遮られた。

「本日のトップニュースです。アメリカ合衆国モンタナ州中部のフロルティン市で今日深夜未明、ナイトクラブ、ボンバーズでMDMA等のドラッグ密売が行われているとの情報からDEA(麻薬取締局)が踏み込みました。
クラブ内では情報通りドラッグの密売が行われていましたが、地下では幼い子供や女性たちが監禁されており、不特定多数に金銭を要求して性行為を強制する売春や、多額の金額で奴隷として取引する人身売買が行われていました。
事件当時は15名の子供達が監禁されており、そのほとんどが貧民層から連れてこられた模様で被害届けを出されていたケースは皆無だったようです。
他にも、20名の成人女性が借金の返済が滞った弱みに付け込み、強制婦女暴行(レイプ犯罪)をへて売春行為を強要していたと見られています。

保護された被害者が多数に及ぶため受け入れ施設の確保が困難と予想されましたが、宗教団体「神の光と心の扉」が運営する複数の病院施設がすべての被害者を即座に受け入れると表明、現在被害者全員が無事、施設で治療を受けています。

今回の事件で逮捕された被疑者数名が極左テロ組織「紅の旅団」に所属しており、このような現場で得た収益が組織の資金源となっているとの見解で、FBIが捜査に乗り出しているようです。

極左テロ組織「紅の旅団」は、今までの雇用法改正により若年層に高い失業率が起こったことや宗教対立において一部の宗教に対し過度な抑圧を加える政府への不満などを背景に大きく拡大してきました。
今年2月には、雇用法改正に尽力を注いだ元商務省副長官マレイ・モード氏を誘拐、当時の内閣に30歳未満に対して雇用の優遇と一時金を要求、特定宗教に対しての謝罪と1000万ドルの賠償を求めていましたが、内閣は要求を拒否したためマレイ・モード氏は殺害され、誘拐から2週間後にロスアンゼルス市内の公園のベンチで死体となって発見されました。

フロルティン市は、宗教団体「神の光と心の扉」が第二次大戦後に設立した小さなコミューンでしたが今から20年前、当時の州知事でフロルティン市出身であるバン・ギルモア氏の肝入りで「精神と環境の融合」をテーマに環境モデル都市としてのSプロジェクトを開始。
中心部は独自の排気ガス規制を設けてほとんどの自動車の乗り入れを禁止。
代わりに物流用地下鉄の導入、地上ではLRT(ライトレールトランジット)と自転車専用道路網を拡大させて環境問題に取り組んできました。
郊外では複数の大手企業の工場誘致に成功して工業都市としての一面も見られ、そのかいあってか人口は膨れ上がり現在では100万人の市民が生活しています。
近年では地方の貧困層が仕事を求めて多数流入しており、それを隠れ蓑にMDMAなどのドラッグ売買が盛んに行われているとみられています。
そんな中、就労できない貧困層の窃盗、万引きが相次ぎ、地域住民とトラブルになるケースが報告されています。

今年でSプロジェクト開始から20年目を向かえるフロルティン市では記念として市内各地でさまざまなイベントが予定されていただけに、今回のレイプ、売春、人身売買の事件は市民に大きな影を落としました。

今回の捜査により、「紅の旅団」に対し市民から厳しい非難の声が上がっています。

次のニュースです・・・」

いつもどおり3Fのデイルームに夕方のニュースが流れていたが、突然館内放送に切り替わった。
「Dr,クレア、Dr,クレア、第23号室の患者が興奮して不安定になっています。自傷行為の兆候がみられますので至急処置をお願いいたします。」
デイルームで紙コップに入った安いコーヒーをすすっていたクレアは舌打ちをした。

「もう!せっかく一息ついて久しぶりに取れる週末の予定を組み立てようとしていたのに!」

クレアは持っていた女性誌「今の彼で大丈夫?週末は街角のカフェで新しい恋を見つけるの」特集のページを恨みを込めて叩きつけるように閉じ、コーヒーを飲み干してゴミ箱に放り込んだ。
見る人が一目で不機嫌だとわかるように、眉間にしわを寄せて腕組みをし、大股開きでかかとを大きくならしながらナースステーションの横を通り抜け23号室に向かった。
ナースステーションでは誰かがカウンターに置いたスマートフォンからラジオが流れていた。 
(また誰かがスマホを持ち込んでるわ。精神科だから電子機器の影響がある患者はいないけど私的なものを持ち込むなってあれだけ言ったのに。あとで看護師を集めて誰のものか追求しなきゃ。)
クレアはぶつぶつ文句を言いながら廊下の角を曲がった。

23号室では朝からトップニュースを飾っているナイトクラブ人身売買事件の被害者である女が入院していた。
公式では打撲、擦り傷等が中心で大きな外傷がないこと、度重なる暴行と性行為の強要によりPTSDが発症していること、唐突に暴れ出し自傷行為を行うこと、ということでこちらの精神科での受け入れとなっていた。

クレアが到着した時、女は屈強な男性看護師二人に取り押さえられて拘束衣を着させられているところだった。
「ドクタークレア、早く鎮静剤を打ってください。この女、とんでもない力で暴れるんです!」
看護師たちは顔を真っ赤にさせて叫んだ。
彼らの顔や腕には赤いミミズ腫れができており、患者が派手に暴れた様子をうかがい知ることができた。
傍で見守っていた年老いた看護婦長が準備していた鎮静剤の注射器が置いてあるラックを指差した。
「Dr,クレア、準備はできています。」
「あら、看護婦長、準備がいいこと。」
クレアは自分の母親と同じぐらいの看護婦長に対して強い非難の眼差しで睨んだ。
それに対して看護婦長は何の感情も浮かばない瞳でクレアを見つめていた。

しばらく睨みつけていたクレアは諦めて目線を外し、一つため息をついてから鎮静剤を注射器に充填し、今にも男性看護師を吹き飛ばさんとする勢いでもがいている女性に注射を打った。
程なく女性の体から力が抜けていき、看護師たちは急いで女性をベットに寝かせて分厚い5本の革ベルトで体を固定させた。
「はい、二人ともご苦労さま。しばらく私は見ておくから他の業務に戻っていいわよ。」
二人は肩で息をしながら、クレアに会釈をして部屋を出て行った。
看護婦長はすでにいなくなっていた。 

女性は意識が朦朧としているのか、ゆっくり頭が左右に動いていた。
クレアはその様子をしばらく眺めていたが、女性の耳元にそっと顔を近づけて言った。
「裏切り者は逃げることも、死ぬことも、狂うことも許されないわ。」
そう呟いて女性を睨みつけ、部屋出て行った。

ガシャンっと鍵がかかった大きな音が聞こえた。

15.jpg

私は覚えているわ。

あなたたちがやっていることを。

私は覚えているわ。

あなたたちがやってきたことを。

私は覚えているわ。

あなたたちが私にしたことを。


続く
2016-08-01 : Made Again : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

泉 坂

Author:泉 坂
イラスト描いてます。
靴も作ってます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる